前へ
次へ

化粧品の全成分表示の順番について

化粧品は薬事法によって含まれている成分のすべてを記入しなければいけないようになっています。
これは全成分表示といわれていますが、これによって選ぶ側は中に何が含まれているのかとすべて確認することができるようになっています。
またここにはいくつかの決まりがあり、その中で表示される順番があります。
記載の順番としては、すべての成分を配合量の多い順で記載するようになっています。
また配合量の多い順に記載をして、配合成分1パーセント以下のものに関しては順不同で記載するようになっています。
着色料以外の成分を配合量の多い順に記載し、その後に着色料を順不同で記載するように決められています。
このように含まれている成分の順番に関しても決められているのです。
化粧品には実にさまざまな種類の成分が入っているので、どれだけのものが実際に入っていると言うことが少し前まではわかりませんでした。
しかし最近の規制緩和によって化粧品に含まれている成分の全成分表示が義務づけられるようになっています。
その結果化粧品に含まれている成分のほぼすべてを確認することができるようになっています。
パッケージの裏などを確認すると成分が表示されているのですが、ここできになるのがその順番です。
この成分の順番は決められており、配合されている量が多い順に書かれているようになっています。
したがって実際に手に取ってみたときに最初に書かれている名前の成分が一番たくさん含まれていると言うことになります。

Page Top