前へ
次へ

消費税の増税と化粧品の購入

消費税が増税されれば、当然化粧品にかかる消費税の税率も上げられます。
しかしメーカーにもよるのですが、通信販売で化粧品を購入する場合には、増税された後でも、増税前の税率での支払いになることもあります。
具体的には、増税される日よりも前に注文した場合は、手元に化粧品が届けられたのが増税後で支払いも増税後になったとしても、増税前の税率で支払うことになるのです。
ところがコスメショップで購入する場合は、購入した日に既に増税されていれば、その税率で支払いをすることになります。
そのため消費税が増税される前に、化粧品を通販で多めに注文しておく人は多くいます。
その方が、増税後と比べると幾分か安く購入することができるからです。
海外で販売されている化粧品は、1品目あたり24個までの購入なら、個人輸入として認められます。
これは、海外で直接購入して持って帰る場合でも、通販を利用する場合でも同様です。
個人輸入の場合、関税が多少お得になります。
本来の税率の60%で済むのです。
また、そもそも日本円で合計16500円までの購入の場合は、関税はかかりません。
支払う必要がないのです。
16500円以上の化粧品を購入した場合には、5%の関税がかかるようになります。
5%の60%ですから、実質の税率は3%ということになります。
たとえば30000円分の化粧品を海外から個人輸入した場合には、関税として支払うのは、その3%の900円となるわけです。

Page Top